インストール方法

購入したMicrosoft Office Home and Student (英語版)、日本語言語パックのインストール方法です。
正規版ですので、特に難しいことはありません。
最初は英語になるので説明しています。
順番にインストールして、正常に動作することを確認しましょう。


1 ダウンロードしたファイルを確認します。
Office Home and Student 2010 英語版は、x16-32007.exe
Office Language Pack 2010 Japaneseは、x16-37718.exe
になっています(購入タイミングでファイル名が異なる場合があります。)


2 Office Home and Student 2010 英語版のx16-32007.exeをクリックして、Office本体のインストールを開始します。

3 Product Keyの入力が求められます。購入時に表示されていた25桁のProduct keyを入力してください。



4 ライセンス条項に「I agree~」にチェックを入れてContinueをクリックします。

5 インストールタイプを選択します。
「Install Now」の場合は、Office製品のすべてがインストールされます。ただし、今回購入していないOutlookなどは、ライセンスなしの期間限定のお試し版になります。

「Custmize」の場合は、インストールするOffice製品の選択が可能です。

なお、インストール後に、再度インストーラーを実行すれば、追加や削除の構成変更が可能です。
ここでは、「Install Now」をクリックします。

6 インストールが開始します。
7 完了後、Office experienceを使うか聞かれます。
特に不要なので、Closeをクリックします。


8 WindowsのスタートメニューにOfficeが無事インストールされました。

8 早速Excelなどを起動すると初回起動時にOffceのHelp情報設定が聞かれるので、とりあえず「use Recommended settings」にチェックを入れてOKをクリックします。


9 Officeが使用可能になっています。
ただ、英語のままですのでLanguage Pack 2010 Japaneseをインストールして日本語化します。
ダウンロードしたOffice Language Pack 2010 Japaneseのx16-37718.exeをクリックします。

10 ファイルを展開後、Language Packのインストール製品が聞かれるので
「Microsoft Office language pack 2010 - Japanese/日本語」にチェックを入れて、続行をクリックします。



11 ライセンス条項で、「~同意します」にチェックを入れて続行をクリックします。


12 「5 インストールタイプを選択します。」と同じです。
変更なしの場合は、今すぐインストールをクリックします。
Office構成を変更したい場合は、ユーザー設定をクリックします。

13 インストールが完了後、閉じるをクリックします。

14 これでインストール完了です。
Officeが日本語に切り替わっています。
早速、Excelを起動しましょう。下記の通り、日本語です。

また、タイトルバーに、「Excel 非商用目的」と表示されますが、これはHome and Student版ですよ、との意味ですので気にしなくてよいです。


以上で、Office Home and Student 2010の英語版と、Language Pack 2010 Japaneseのインストールは完了です。

特段難しいことはなかったと思います。
不明な点は、risa.katahira@gmail.comへどうぞ。